S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通の活動日記的な…

最近、音楽ネタが少ないので
「水面下で活動してるよ?」
ってな具合の報告をば…

ベースに合わせて弦(とゆーかオーケストラ音源)ソフトを導入し
マニュアル見ながら右往左往しとります。
この手の作風は好きなんですが好みの音に近づけないので置き去りにしてました
最近やっと「Miroslav Philharmonik CE」のお力を得て浮上。
今んとこ、こんな感じどえす…







あとは、外活動でサークル紫苑 様のボイスドラマ企画「月光狂想曲」にて
ED曲及びBGM制作で参加させて頂く事になりました。
シリアス/ミステリーな学園モノです♪

他に、デモLvの試作品が幾つかあるので
折を見てup出来たらとおもいまーす。


てなワケで「水面下」ではボチボチやっておりますの。


昔からの不思議

こうして多少なりとも音楽に関わって生きてると不思議に思う。

かれこれ10年以上も前からの
謎ですが、、、

音楽って
作る側では理系で発信し
聴く側では文系の受信する。
とってもカオスな文化だなぁと…

まぁ別にだからナンだってのは
無いんですが、不思議で面白い世界ですね♪

と、久々に思ったw

リテイク&リマスターが一区切り

どもも
麻宮です。

以前に公約していた
「LIVE ALIVE」
「渡り鳥は流れる雲のように留まらない」
の2曲をリマスター&リテイクしてまして
とりあえず現段階で一区切り着いたので更新upしました。

今回は具体的なアドバイスや貴重な御意見、また暖かいお言葉を頂いたので
いつもより気合が入ったリマスターとなりました。

大きい所では以下の修正を行いました

①各コンプの再調整
②一部シンセ・ドラムパートのMIDI打ち込み直し
③一部ギターパートのリテイク
④ドラムパートVSTiのマルチ出力(初挑戦)

中でも苦労したのが④でした
今まではAD(Addictive Drums)のソフト内で全バランスを調整してたのですが
今回は折角なので全パートをマルチ出力しました
これにより、きめ細かい調整(特に低域と奥行き)が可能になったのですが
おかげで他の全パートトラックも再調整する羽目になり色々と苦労しました…

でもまぁ「急がば回れ」って事でしたね
今まで苦労しても出来なかった帯域の表現が少しはマシになったと思います。

後の課題としては高域のバランス(ケンカしない帯域の調整)とギターもうちょい練習(たぶん永遠の課題)
ですが、ちと燃え尽きた感があるので一区切り・・・orz


今回は色々と身に成る展開になりました
過去これほどリアクションのあった曲がなかったので
とても嬉しく思います。
まだまだ「恥さらしレベルの曲」しか公開出来ていませんが
ドコかしらで誰かの耳に入ってると実感すると公開して良かったと思います。

さて、長くなりましたが
お手すきであれば、いつものコチラよりご試聴下さい♪

様々なアドバイス、ご感想
有難う御座いました^^
今後も暖かい目と耳でご愛好下さいますよう
お願いします。

しーゆーww






新譜が2曲♪

さて、思い出したように
新譜を2曲リリースです。

2曲とも前に組んでいたバンドで使用しようと思ってたのですが
社会人は時間が取れないとゆー在り来たりな大人の事情で解散。

オケだけHDDの中に埋もれていたので
リードギターを入れて日の目を出してみました。



以下、曲紹介

「LIVE ALIVE」
Rockバンドっぽい生々しい感じとライブ感を前面に
ステージの雰囲気が伝われば良いな。

「渡り鳥は流れる雲のように留まらない」
打込ビートものだったデモを
強制的に生Drに代えてバンドっぽく纏めてみました。


2曲とも歌モノがベースになっているので
極力サビ部分のリードギターは歌うように弾いてみたつもりデス。

さてさて御試聴は
いつものコチラから♪

... Read more ▼

限定音源うぷ

~前回の続き~


2010ギターマガジンのコンンテストに応募した音源を
期間限定でUPしました。

サーバ容量の関係でメインサイトに残しておけないので
BLOGからのみ且つ期間限定で公開しまーす。

正直、中間のギターソロ(?)部分は
もっと踏み込んだ演奏をすれば良かったデス…
あと後半に盛り上がりを作りたかったり
幾つか無念は残りますが

まぁ課題は次回って事で^^;

因みに技術的には全く難しい事はしてませんw
ギタマガ読者ならハイテクギタリストだらけだろうから
音の引き出しと、飽きない曲構成を目指しました♪

それでは言い訳もイッパイしたところで
コチラよりご試聴下さいましー。

... Read more ▼
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。